Brackets

Brackets PHPランタイムエラーの解決法

WEB Brackets

Brackets 1.14での PHPランタイムエラーの対処法

マジで恋する エディタ Bracketsにも、たまには問題も出ます。

Bracketsアップデート

ランプロスでは、コーディングエディタを、Bracketsを使っていますが、
1.14にアップデートした際に「PHPランタイムが見つかりません。」
のエラーが出た人は多いのでは無いでしょうか?

Bracketsエラー

では、こちらを解決していきましょう!(Windows版です)

PHP7.3をダウンロード

まずは、PHPの公式サイトより、PHP最新版をDLします

【PHP公式サイトダウンロードページ】
https://www.php.net/downloads.php

php_download

PHP 7.3 において4つのタイプのファイルがあります。
・VC15 x64 Non Thread Safe = 64bit版Windows。WEBサーバーとして IIS を利用する場合。
・VC15 x64 Thread Safe = 64bit版WindowsWEBサーバーとして Apache を利用する場合。
・VC15 x86 Non Thread Safe = 32bit版Windows。WEBサーバーとして IIS を利用する場合。
・VC15 x86 Thread Safe = 32bit版Windows。WEBサーバーとして Apache を利用する場合。

php7.3

通常であれば、一番下でしょう。
64bit版Windows。WEBサーバーとして Apache を使用する場合です。
こちらをDLします。そして解凍したものを、c: の直下に置きます
フォルダ名は、「php-7.3.9」等にします。(任意)

Brackets の環境設定にPathを指定する。

次に必要なのは、Bracketsの環境設定にPathを指定する事です。
デバック → 環境設定ファイルを開く より、brackets.json を開き

brackets画面

 

を挿入します。Pathにて「php-7.3.9」の部分は任意で指定しました、フォルダ名になります。

Bracketsコード

実際のコードは、こんな感じです。
こちらを設定しておくと、エラー表示が消えますし、PHPで問題がある行を表示などしてくれるようになります!

Brackets
最新情報をチェックしよう!
>私たちと一緒に働きませんか?

私たちと一緒に働きませんか?

私たちは中央区にある、Web制作会社です。
私たちと一緒に働いてくれる、WEBディレクター、HTMLコーダー、WEBデザイナーを募集致します。また、このサイトを一緒に盛り上げてくれる、ライターや、YouTuberなども募集致します!
興味のある方は下記のお問合せより、ご連絡ください!

CTR IMG